どんな人が働ける業界なのか

>

最短ルートを自分で考える

どんな道を通れば良いのか

道を把握していないと、スムーズにお客さんの元まで荷物を届けることができません。
お客さんが指定した時間に間に合わせないと、迷惑を掛けてしまいます。
時間を守らない宅配業者は信頼されないので、再び利用してもらえなくなります。
会社の損失に繋がるので、自分が配達するルートをしっかり把握してください。

普段は空いていても、時間帯によって混む道があります。
その時間は、混雑する道を避けて荷物を届けましょう。
道を正確に把握していれば、仕事をしている時に頭の中でルートを考えることができます。
迷子にならないように、休みの日に実際に道を通ってみるのが良い方法です。
地図を見て学習するよりも正確ですし、簡単に道を覚えられ瑠と思います。

カーナビが搭載されているトラック

今は、カーナビを使用する宅配業者が増えています。
それがあれば道がわからなくても、何とかお客さんの元まで荷物を届けることができるでしょう。
トラックにカーナビが搭載されていたら、使い方を覚えてください。
プライベートで乗っている車にもカーナビが搭載されているので、使い方はマスターしていると思っている人が見られます。

しかし機種によって使い方が大きく異なるので、いきなり使おうと思っても、初めて見る機種はうまく操作できないかもしれません。
事前にカーナビを確認して、使い方を確認してください。
そしてカーナビに従って、荷物を届けに行きましょう。
地図を見るのが苦手な人は、カーナビを使っている宅配業者を選択してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る